-->
為替の介入というものを耳にした事がありますか?日本銀行が外国為替市場介入(為替介入)をして新聞、雑誌、テレビ、ネット等の報道記事で目にしたみなさんもたくさんいると思います。そもそも外国為替平衡操作(為替介入)といえば日本では、◯財務大臣が為替のレートの安定化を実現するために使う戦略ということで使われています。簡単に言えば、急激な円高もしくは円安が起きると財務大臣の指示のもとに日銀が日本円を売り買いして為替の相場の安定化を狙う、ものです。為替の介入とはいくつか種類があります。1.単独介入・・・政府機関もしくは日銀が、東京市場で直接市場に入って来て為替介入(外国為替平衡操作)をする。2.協調介入・・・複数の銀行などが話し合い、各々の通貨当局の持ち金を用い一斉にあるいは随時為替の介入を実行する。3.委託介入・・・海外の銀行などへ向けて為替介入を任せる。4.逆委託介入・・・日銀が海外銀行などに成り代わり外国為替市場介入(為替介入)を実施する。こんなやり方です。いずれのやり方の介入も一時、または継続的に為替市場に多大なインパクトを与えるのです。介入の額はさすが自分の国のプライドをかけて行なうのですから桁違いです。円を基本にして考えると、通常は少しだけ変動する相場が突発的に大きく変動をします。個人投資家の人ならこれまでに経験があると思うのですがそれまで順調に利益(もしくは含み損)が多くなっている保有高を保持していたのに、持っているポジションが決済したと情報が業者よりEメールが来ました・・・どの程度の儲けかな(損益が出たのかな)?と思いつつ決済後の通達を見ると、自分の中で見込んでいた内容とはまったく反対の結果でありびっくりしてしまうといったケースがあります。為替介入(外国為替市場介入)が実施された場合によくある話なのです。以上のように外国為替市場介入(為替介入)を行うと為替市場の変動と逆の動きをすることがわかりました。しかも動く金の範囲はかなり大きく動きますので注意しましょう。

Link

Copyright © 1997 www.ephspec.com All Rights Reserved.